ミニオンな息子 - 創作漫画製作日記

ミニオンな息子

480ミニオン
小学生の時から一緒にプレーしてきた、チームの子達は私たち親にとっても、かわいい親戚の子みたいなもので。
バレーのうまさも性格もよく知っています。それでダンナとあの子達は将来どんなプレイヤーになるやろ?なんて話を
した時。うーん、うちの子はやっぱムードメーカーか!?という事になりました。
中学生になり、上手な同級生達は入部してすぐユニフォームをもらって試合に出場していますが、うちの子は今のところボール拾いやら審判をせっせとやっているようです。
小学生の時からやってきたバレーなので、すぐにでもレギュラーになれるという気持ちで入部したはずです。
それが、こんなにもあっさりと同級生達と違う立場に置かれてしまい、何も言わない息子の中でも、小さな悔しさや葛藤はあったんだろうなと想像します。

バレーをはじめた頃、周りの上手な子達に比べて、息子はなんて普通なんやろと焦った時期がありました。
その時、バレーはチームでするんだからそれぞれの役割があると教えてもらいました。
うちの楽しい息子はムードメーカーというわけです、プレーではたいして役にたたなくても、居れば盛り上がる・・・みたいな。
そりゃ本音を言えばそんな、(小さい声で)役立たずポジションより、エースがいいですけど

それでも、ムードメーカーも考えようによっては才能のいるポジションと言えなくもありません
腐ったりしながらも休まず部活に参加しているのもエライと思います。
エースの立場も補欠の立場もそこでしか学べない事が沢山あるはずですしね。
出来ればお互いの立場や気持ちを尊重して「ハイキュー」ような友情を見せてほしいものですが・・・
そこは、おバカな中学男子。建て前もなければ嘘も優しさもあったもんじゃない、今のところ本音だけのシンプルワールドのようです
480ミニオン写真
朝から紙を切って何を作ってんのかなと思ってたら、ミニオン作って喜んでました。
さすが、ムードメーカー。このふざけた表情、息子によく似ています。
480ミニオン息子


コメント

非公開コメント

息子さん初 公 開?!(^q^)

日向 影山みたいに一年からレギュラーポジでイケイケ(山あり谷ありは当然ある)ってのはすごいですが
周りを笑顔にさせるある意味影の立役者な息子さんは必要な存在ですね\(^o^)/
スポーツだって身体機能だけじゃなく精神面も養う必要があるのですから
輝く存在は必ず影から支えてくれる誰かがいて輝けるのですし

バレーオンリーに焦点当てなくても
日常生活ではほっとさせて安心させてくれる存在は好かれるし
人付き合いが良いと助けてくれる人が増えるし
将来的には社会で生きていくためのスキルが養われていいと想います(* ̄▽ ̄)

素敵な息子さんじゃないですかぁー!

いやーー、泣ける話で素敵な話だと思います。

今年は埼玉の花咲徳栄高校が見事に夏の甲子園で優勝しましたけど、あの野球部は部員が120名を
超えているそうです。
レギュラーとなってスポットを浴びているのはほんの一握りの生徒さんですし、多くの部員たちは
テレビにも試合にも出られず黙々とバットを振り、レギュラーの雑用をこなしていたと思うのですけど、
そうした「必ずしも自分は主役ではない」という事を中学生のうちから自覚されている息子さんは
素晴らしいと思いますし、それがいつの日にか
「自分はこんな事しかできないけど、他に何か自分にしか出来ない役割があるのではないか・・」と気付いた
瞬間こそがむしろ「大人への第一歩」という事になるのかもしれないですね!

頑張って――、自分にしか出来ない事って必ずあるよ!って褒めてあげて欲しいですね! (笑)

みけねこさま

コメントありがとうございます!

シークレット息子、公開中です。隠し子ではありません(;^_^A

そう言っていただけて嬉しいです。周りを笑顔にして、ほっとさせる・・・まさに息子の得意分野かも。
ただ、やりすぎてちょっとうるさかったりウザかったりしますが。
どこの部活にも一人はいそうな〝おふざけ担当〟な彼です。

そうなんです、今はしんどくても将来この経験はきっと役に立つと信じています。
うまいからって威張ってるやつなんて社会にでて挫折しろ、コノヤロ。とか腹黒い本音は秘密です(#^.^#)

ぬくぬく先生さま

コメントありがとうございます。

この夏の甲子園では私も「1年生レギュラー」という言葉が胸に刺さりました。
今まではただ、飛びぬけてうまい子の代名詞としか受け取っていませんでしたが、華々しく活躍する選手の影には
必ず、レギュラーを外れた上級生の存在があるんですものねぇ。スポーツは厳しい実力主義の世界なので当然の事ですけど。

ただ、部活なので強さだけを学ぶところではないと感じます。
ぬくぬく先生と同じように、プレー以外で個人が輝ける場所をもてればいいとおっしゃる保護者もいらっしゃって、私はとても尊敬しています。
例えばうちの子みたいなお笑い担当や、音楽でも鉄道でも、勉強でも、バレーの優劣だけでなく、この分野はあいつが一番というお互いのいいところを認め合える仲間になってほしい・・・。理想ですけど。
実際は、あいつヘターとか平気で言っちゃう、小学生みたいなアホ中学男子達(;^_^Aま、そんなところもかわいいですけどね。褒めて、大人になるのを待ちます(#^.^#)

こんぬつは!

ムードメーカーな息子さん…いいじゃないですか~。
チームには技術的な事に長けた人は重要ですが、雰囲気作りをしてくれる役回りの人も大切だと思います。
甥っ子達も僕自身もKYな所があってそういうのは苦手なので羨ましいですよ。
うちのチビ助は剣道をやっていますが、やはり個人プレーな競技が向いてるのでしょうかね。

バレーのボール…こうやってちゃんと使われるならいいですが、
うちのブログに出没するイカレポンチ娘どもと来たら…(-。-;)

いぬふりゃ☆様

コメントありがとうございます。

いやいや、ムードメーカーといえば良く聞こえますが、一歩間違えればただのおふざけポジションや
軽く見られるポジションになる危険もあります(;^_^A
KYと言われていますが、周りに左右されずマイペースという意味では、カッコいいなぁとか思ってしまいますよ。

生まれつきの性格というのは、つくろってもかえられないものなので・・・無理せず自分らしく居場所がつくれるのがいいですよね。
チビ助くん剣道ですか(#^.^#)
考えてみたのですが、男子の一番カッコいいユニフォームって剣道の袴姿じゃないですか?胴着姿も萌えます!

バレーのボール、我が家では赤と緑のモルテンボールが転がっています。ミカサの青黄色も綺麗な配色ですが。
やっぱ詩織嬢には白が似合いますね~