はばたきの休息 - 創作漫画製作日記

はばたきの休息

480宿り木タイトル
天使リベンジ。うーん、まだ肌と翼のバランスに納得できない。
カラーイラストには筆の置き時というものがあると思うのです。
あんまりゴニョゴニョ細部に手を加えずザーと勢いで仕上げるほうが良かったりするんですよね・・・。
数十時間もかけて写真のように仕上げる、目もくらみそうなスーパーカラーイラストとなると話は別ですが。
水彩画っぽくザックリ仕上げるなら、塗るところと抜くところのバランスが難しい・・。
480やどりぎ
うんちく並べてますが、一枚の絵にあんまり時間かけるとと飽きてきちゃうんですよね
なので、描いてて楽しいと感じているうちに仕上がるのが一番気持ちいいです。
↓は線画です。いつもペン入れてる時が一番楽しい。仕上がっていく達成感とこれから色をのせる期待感があって。
480やどりぎ線画
ほんとお絵かきっていいもんです。


コメント

非公開コメント

こんにちは。

あ、何か凄い。天使シリーズ最新作ですね。
何と言うのか線画の段階から次元が違う気がします。ファンタジー小説の挿絵みたいな?
着色は…アナログなのかデジタルなのか、凡な僕の目では判断つきにくい…。
よーく見ても色にムラが無い感じがするのでデジタルなんでしょうか?おおう…わからん(汗)
良いもの見せていただきました…。

褐色・・・いいですね(意味深)
聖女とのコラボでいやらしさもやわらぎ安心している?褐色ちゃん(仮)
ほっこりします(  ̄▽ ̄)

しかし髪で隠すとはやりますね(^q^)

いぬふりゃ☆さま

コメントありがとうございます。

見て下さる方がいるので天使シリーズ。描いてて楽しいですが・・・
そろそろ違うもの描きたいと思っています。

線を入れるまでアナログでやって、色はデジタルで塗っています。
いぬふりゃ☆先生のような、完璧なデジ絵を目指していた時もあったのですが・・・自分には無理だったので
手書き風路線でやっています。

いぬふりゃ☆さんの絵はひとつひとつとても丁寧に細部まで描きこまれていて、
込められている想いや、時間を感じられる魅力的な絵だと思っています(#^.^#)

みけねころんそうさま

コメントありがとうございます。

褐色、キャラになりやすいので好きです。
前回、みけねこさんにもっと羽で隠したほうが・・・
とのご指導に従ってみたのですが、イ、イマイチ!
もっと見えている部分が少ないほうがよりエロいはずですっ。

髪で隠すのは自分でも気に入っています。よっしゃ(^O^)/エロい。
エロ追及はこの辺にしときます~(;^_^A

天使シリーズ

最近のumiさんの作品は「天使」をテーマにされている事が多いですね!
天使と言うと清らか・聖なるものというイメージが大変強いですけど、同時に黒天使とか堕天使とか
全く真逆の意味あいとして使用されることもかなり多いと思います。
今後umiさんの描かれる天使がどのような方向性を辿っていかれるのかは正直全く予想はできないのですけど、
素敵な多様性というのか、さまざまな表情・解釈の天使を拝見させて頂く事が出来れば素敵ですね!

今回の天使は「母性愛」を強くイメージさせているように私には感じられたりもしますね!

「この子は私がきっと守り抜く!」みたいな慈愛と強さをとても素敵に表現されているようにも感じられますし、
もしくは・・
最近漫画でもよく登場されている息子さんではないですけど、
息子さんを守り抜く母親という事で、この天使はumiさん自身を投影されたものというのか
もしくは自画像と言える作品なのかもしれないですね。

色の雰囲気も素晴らしいですけど、この線画の細かさは実に精緻ですね!

ぬくぬく先生さま

コメントありがとうございます。

「天使」はそれだけでストーリーや背景を持つモチーフなので、絵にしやすいです。
動きのある絵が苦手なので、たたずむ姿が絵になるので描きやすいので、ついつい。

母性愛、この真っ白な羽の子にはありそうですが・・・

私の息子に対する態度は悪魔ですよ(;^_^A最近よく視線も合わせず「あっちいって」と言われます。
ふぅ、学校や部活で疲れてんのに、母ちゃんの相手までしてられるかよって感じでしょうか(#^.^#)

そっか、線画を描くのが好きなんですね私。ぬくぬく先生に言われて気がついたかもしれません。

きれいー!!!!
線画の時点で素晴らしくて好きです。
umiさん版ミュシャのような、存在感と美しさではないですか!

キレイな天使絵、描けたらなあと憧れます…v

ぴょん吉さま

コメントありがとうございます。

ミュシャ好きです。嬉しいなぁ。
ぴょん吉さんの拍手の画像こそ、とっても綺麗で見入ってしまいました。
圧巻のイラストで、うちにもほしい!と思いました。
あんなかわいい絵のカレンダーなんてうちの娘が大喜びしますよ。