鋼の錬金術師 - 創作漫画製作日記

鋼の錬金術師

マスタング
今さらですが、今週「鋼の錬金術師」にハマっていました。
WOWOWでアニメの一挙放送やっていて、3話くらいからうっかり全話みてしまいました。
実写映画になったのは最近ですが、アニメがブームになったのはもう数年前ですよね?
その頃から、チラチラ観てはいたのですが、なかなか深くて厚みがありそうなストーリーだったので
じっくり観ている暇もないな~と避けていました。それが今回、もうどっぷり。
480鋼
観終わって、いろいろ想うけど、えーとまずはキチンと感動できました。
よく考えてつくられている物語で、いきあたりばったりは無し、始めから計算して張り巡らされた伏線が
点になり線になり、それこそ錬金術の式のように美しく組みあがっていくストーリーにぐいぐい
引き込まれました。
こちらの予想のほんの少し斜め上をいくお話の展開が良かったです。
魂の仲間とか人間の可能性とか、なんだか今さらなぁ・・・とか冷めた想いで観ていた部分もあったのですが
エドの熱い心についほだされてしまいました単純な私です。

いいお話というのは、やっぱりキャラクターが素敵ですね。
エドとアル、特にアルのあの姿、あの魂には痺れました。
ちっさいけれど熱血なエドと、デカい鎧姿に心優しいアル。
このエルリック兄弟のシルエットだけで、すでに物語を感じられのるが凄い。

個性的で振り切ったキャラクターが数えきれないくらい登場していて一人一人の感想を
書いていたらキリがないのですが、どの登場人物も丁寧に扱われているのが
何だか嬉しかったです、どんな悪役にもちょっとした愛嬌があり、愛すべき部分があるところも良かったな

長い旅路の果てに成長した登場人物たちが、また新しい旅に出かけてゆくラスト。
十数時間だけど、同じ気持ちで過ごしてきたキャラクター達との別れが本当に寂しかったです。
大人になってもアニメや漫画の世界にすぐ入り込んでまうあたりが良くも悪くも成長できない自分ですね~。




コメント

非公開コメント

No title

エドかわいぃいいいいいいい!!!!!!
花を飾られるアルかわいいぃいいいいvvv

ハガレン、まだアニメも漫画も観てないけど、
いつか観たいし読みたいと思ってます(><。)
実写から入ってしまいました。でも漫画観てたら実写にケチつけそうだから、実写からで良いのかも笑

No title

おはようございます。

ロボットなのに小鳥やウサギに懐かれ、ふんどしをしてますね。
あきれて頬づえをつく少年と、チャイニーズ服の女の子。
素敵な世界です。

鋼の錬金術師の実写版は観たかったんですが、
子供が選んだのは妖怪ウォッチの映画でした。

鋼の錬金術師はまったく見たことないんですが、
少年漫画って少女マンガより面白い気はしてるんです。

機会あれば観たいです。

うちは地元ケーブルの一番低価格コース契約なので、
まったくそういうのを観てないのです。
契約したらいろいろ見れるんでしょうね。

ぴょん吉さま

そうでした、ぴょん吉さんハガレン、実写からだったんですよね!
以前、トキフルトーイさんで映画レポ読んで「観てみたいな」という気持ちが芽生えていたんです。
レポ読んでいなかったら、今回アニメも見逃したと思います。
私がハガレンと出会えたのは、ぴょん吉さんとコウサくんのおかげですね。

私は漫画は読んでいないのですが、アニメはかなり原作に忠実につくられている印象です。
こんな長いお話を一体どうやって実写で2時間なんて枠に収められたのか不思議です・・・

映画も観たいですね。
アニメはおすすめですよ!是非観てほしいです。

すてらさま

コメントありがとうございます。

妖怪ウォッチも面白そうですよね。

アルは魂を定着させた鎧のみで、中身は空洞なんです。
食べる寝るなどといった生理現象のない体で、あの褌は、アルの人間らしさに対する
切ないこだわりだと思います。愛嬌ある姿ですよね。

少年漫画は、表情が豊かだし、何といってもアクションなどの動きが多くて
読んでワクワクしますね。
ハガレンは筋肉シーン(ってなんだ?)格闘シーンが多いアニメです。
原作者が女性だと知った時は驚きました。

私は映画好きなので。WOWOWも好きですが
CM無しっていうのは、忙しい主婦にはちょっと困りものです(;^_^A

No title

こんぬつは。

自分はこの作品、漫画もアニメも見た事ないんですよ~すみません…
なので何も語れないんでアレですが、
umiさんの作品の方はいつもながらの優しい色合いが素敵です。
自分にはまず不可能な塗りかたっていうのは思わず「じー…」って見ちゃいますね。

錬金術で連想したんですが、リアルな話でそういう事書かれた古書ってきっと内容でたらめなんでしょうけど見てる分にはおもしろいです。
ヴォイニッチ手稿とかほんとに意味不明ですが興味をそそります。

いぬふりゃさま

コメントありがとうございます。

じーと見てはいけません。
でたらめでいい加減な塗りがばれる。いやもうバレてますが(;^_^A

ハガレン観ていないのに、感想いただいてありがたいです。

ヴォイニッチ手稿??ググってみました。いや、こんな不思議な書物があるんですねえ。
ハガレンでは、「錬金術」のほかにも「生命の樹」や「七つの大罪」などが
扱われていて、興味深かったです。
人はなぜ繰り返し過ちを犯すのか、そんな人の可能性を信じられるか?といった
なかなか重く深いテーマを扱った作品でもあると思いました。

人であることの希望というのは、愛だの仲間だの胡散臭いくて信用できない言葉ばかりですが、
少年漫画の心がまっすぐな主人公が語ると許されるような気がします。