新緑を待ち - 創作漫画製作日記

新緑を待ち

480新緑タイトル
朝は肌寒く、昼間は夏のような日差し、夕刻だけは過ごしやすい卯月の終わりですね。
田舎育ちの私は、山が見えない土地は落ち着きません。
神戸ではありませんが、海側、山側という方向感覚が身に沁みついています。
生活はいつも山肌が見える場所です、そんな山に薄い黄緑色の布を一枚かけたように
新緑が眩しくなってきました。もうすぐ5月です。

なので、そんな新緑のイメージのイラストです。
タッチの粗い背景がちょっと、存在感出し過ぎかもしれません、人物だけのシンプルな感じのほうが
良かったかもしれないなぁとか思います。
480新緑2018
現実生活で何とも言えないイヤーな事がありまして(;^_^A
誰でも生きている限り多かれ少なかれ、しんどい目にはあうもので。

そんな時、イラスト描いていると本当に日常からちょっと離れられて
小さな幸せを実感できる避難場所に入り込めます。
自分の為に絵を描くのも悪くないなぁとか満足してしまいます(*^-^*)


コメント

非公開コメント

No title

こんばんは

小学三年生のときに「みどりのゆび」という本を学校の図書で読みました。

ストーリーはうろ覚えでしたが、チトという少年が指を突っ込むとどこからでも植物が生えてくるのです。
ラストのセリフが「チトは天使でした」というのは記憶にあります。

このイラストを見ていたら思い出しました。

すてらさま

小学生の時に読んだ本を思い出してもらえるとは
嬉しい感想です。
指を突っ込んで植物が芽生えるとは面白い設定ですね、
思い浮かべると絵になるシーンです。

ラストのセリフがずっと心に残る本に出合えるなんて、なかなか無いと思います。

No title

こんにちは~。

ちょいとワテクシも氏にかけです~今日は雨なので頭痛が痛いですが、
蛙の声と雨音を聴きながら横になったり…です。

青緑の線で絵を描く…この発想はなかなかありませんよ!(≧∇≦)
何というべきか、表現法を模索し続けてるかの様なコダワリを感じてしまいますね。
そしてカメラ目線ではない自然な感じ…これって地味に描くの難しいと思います。

そういえば昨日からやっとお絵かき再開してみましております。でも進みません( ̄▽ ̄;)
なかなかその気にならないのは心の病気の影響かただの性格か…(笑)
どうでもいいですが髪がかなり伸びてきたので括って纏めるか流す感じにするか思案中です。

いぬふりゃさま

コメントありがとうございます。

そうです、そうです。
いろんな描き方をずっと試してみたいと思っているのですが
結局、好きな色やすきなポーズや組み合わせに戻ってきてしまいますね。
好きなものばかりこだわって描き続けるというのも、ひとつの方法かもしれません。

いぬふりゃさんの、のんびり自分のペースお絵かきには癒されますよ~。
ブログってつい、早く新しい絵や記事アップしなきゃって焦っちゃうので(;^_^A
描きたい時に描きたいだけ、というのが無理のない長続きのコツでしょうね。

長髪男子・・・ちょっと考えてみたのですが。
私の周りには、昔から一人も居ません。TVの中でしか見た事のない田舎もんで
ございます。ああ、たまに後ろで束ねているおじさまとか見かけるかな?
勝手にアーティストの人だ!と決めつけています(笑)