日本刀を描いてみる - 創作漫画製作日記

日本刀を描いてみる

480蛍タイトル
学生の頃は特に興味無かったのですが、大人になってから歴史好きになりました。
きっかけは今でいう幕末好き歴女な同僚にあったから。
私と同世代の龍馬ラブな彼女の夢は京都に潜伏する
勤皇の志士をかくまう勇敢な女性になること。そんな彼女に借りたのが
漫画「お~い龍馬」です。その後、司馬遼太郎さんの本を読みあさり
幕末にタイムスリップしてきました。
史実とは違っていても、興味を持つ入り口として漫画や小説は教科書より当然面白い。

最近好きなのは何といっても歴史学者の磯田道史さん。
この方の歴史が好きでたまらないという熱い語りに夢中になってしまいます。
「その時歴史が動いた」とか「英雄たちの選択」などを観ては
先人の知恵って素晴らしい・・・と感動して、ちょっと賢くなったような錯覚に陥る感じです(笑)
その「英雄たちの選択」で5月10日「日本史を斬る!刀剣スペシャル」をやっていまして
日本刀やっぱりキレイだなぁ・・・と思っているうちにWOWOWで「銀魂」観てしまい
ええ!銀ちゃんって松下村塾出身の長州藩士だったの、と驚きつつ
これも日本刀がストーリーに組み込まれていたので

日本刀のイラストを描きたくなったという次第。
長い前置きにお付き合い下さり、ありがとうございます(#^.^#)
480蛍
「銀魂」はアニメ版と実写版、両方観ましたよ。原作を知らないので、ひとつの作品として
それなりに楽しめました。
実写版は、とにかくキャストが豪華でしたね~。菅田君や堂本さんが脇役なんだもの。
個人的には、土方さん役の柳楽優弥さんが凄いカッコ良かったと思います。
咥えタバコが絵になる美男子です、でも佇まいがちょっと滑稽で愛嬌があって
いい役者さんだなぁって、萌えました。



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。

今回はまたがらっと趣が変わっていますね。いきなり和風キタ――(゚∀゚)――!!
刀のかきこみがごっつい丁寧ですね。誰が見たってこれは日本刀ですね。
umiさんって結構幕末あたりお好きなのですか。あの辺りは詳しく知らないと複雑で難しいですよね(汗)
あの辺の時代で僕的に何故か記憶してるのが「岡田以蔵」さんだったりします…何故だ。( ̄▽ ̄;)

父方の本家に結構な数の古い刀がありましたが…それと鍔が異様に沢山あった記憶が。
ですけど御先祖は槍で名を挙げた人物だったのもあり、槍先が凄く大切にされていましたそういえば。

いぬふりゃさま

コメントありがとうございます。もう好き放題描いてますので
興味ないときはスルーしちゃって下さいね~なんだか悪いわ(;^_^A

幕末は好きというだけで詳しいわけではないですよ、「岡田以蔵」さんは
狂気の人というイメージです。純粋だけど暴走してしまうような・・・
日本刀と同じく、人を斬る道具だけど心惹かれてしまうような存在?かな?

本物の刀や槍がご本家にあるなんて、いぬふりゃさん宅は由緒正しきお武家様なんで
しょうか。
と、いうか私は実物を見た事が無いのですよ、そう思うと薄っぺらい絵だわ( ;∀;)
いぬふりゃ先生もブログに書いていらっしゃいましたが
一度手に取り触ったことがあるものを描くのと、資料だけで描くのでは
重みや存在感が違うと感じます、そこが絵の面白いところですよね。